高収入バイトなら風俗求人

風俗でお茶を挽かない方法

風俗でお茶を挽かない方法

風俗業界には「お茶を挽く」という用語があります。
お茶を挽くとは「お客さんが1人もつかない状態」を指します。
「今日はお茶だった」なんて使い方をします。

風俗バイトはほとんどが完全歩合制ですから、お茶を惹いてしまったら基本的にはお給料はゼロです。
そんなお茶挽きを避ける為の心構えを解説します。

【PR】全国でトップクラスの集客力!関東最大手シンデレラFCグループ求人

お茶挽きなしの風俗求人

【目次】
集客力のあるお店で働く
お茶を挽かない為の自助努力
お茶保証のあるお店に移籍する

集客力のあるお店で働く

貴女がどれほど魅力的でも、お店に集客力が無ければお茶を挽いてしまう確率は高まります。
あまりにもお茶を挽く日が多い様であれば「稼げる優良風俗店の見分け方」を参考に移籍を検討してみて下さい。

また、風俗業界において大手グループのアドバンテージは顕著です。
小規模の風俗店で働いていてお茶挽きが多い様なら、大手へ移籍する事を推奨します。

お茶を挽かない為の自助努力

働いてる風俗店に集客力があっても、貴女の自助努力が無ければお茶を挽いてしまっても文句は言えません。
出勤の前日と、出勤の数時間前には、写メ日記などのツールを使ってプロモーションをしましょう。

そして発信する写メ日記そのもののクオリティも上げていきましょう。
「風俗で指名をアップさせて人気嬢になる方法」などを参考にして頂き、お茶挽きを回避してみて下さい。

お茶保証のあるお店に移籍する

優良な風俗店の中には、お茶を挽いてしまった場合の保証制度がある場合があります。
もちろん条件などはありますが、出勤したのに給料なしというリスクは避けることができます。
応募する場合や他店に移籍する際に、確認してみるといいでしょう。