高収入バイトなら風俗求人

風俗の面接

風俗店の面接官

風俗の面接って一体どこで、どんな事をするのでしょうか。
また、裸になって講習したりするのでしょうか。
面接当日の服装や用意するものなども含めて解説します。

【PR】女性面接官も選べる大手風俗 シンデレラFCグループ

高収入風俗バイト求人

【目次】
どこで面接するの?
どんな面接をするの?
裸になって講習するの?
面接時の服装
面接時に用意するもの
面接マナーはしっかり
面接の際の質問
こちらもお店をジャッジしよう

どこで面接するの?

ほとんどの場合はお店で面接するのが普通でしょう。
ですが、女性の希望に合わせてカフェやファミレスで面接することができる風俗もあるようです。

どんな面接をするの?

普通の企業と同じで「どれくらい稼ぎたいか」とか「どんなサービスをする」とか、雇う側の風俗店と求職者である女性の擦り合わせや確認と言った内容です。
その際に「提携している託児所を利用したい」とか「このプレイはNGなんです」とか、女性側も要望や相談をすることができます。
相互に納得いくまで話を重ね、合否に進みます。

裸になって講習するの?

講習はお客様の満足のためにとても大切なものです。
決して安くはないお金を頂いているのですから、一定の水準以上のサービスを提供する為にも講習を必要と考えているお店は多いです。
また、タトゥーなどの確認も兼ねていたりします。
しかし、男性スタッフによる講習に抵抗を持っている女性が多いのも事実で、最近では女性スタッフが講習を行う風俗も増えています。
さらに、DVDや口頭での講習を行っているお店も多いようです。
講習の方法はお店によって違うので、応募する前に風俗店に問い合わせて確認するといいでしょう。

講習についての詳細はコチラ

面接時の服装

服装に関しては、一般企業と違ってラフな服装で問題ありません。
少しでも採用にプラスになる様、自分が魅力的に見える服装やメイクで臨むといいでしょう。

風俗で働く時のベストな服装はコチラ

面接時に用意するもの

基本的には何も要りません。
一般企業の面接と違って、履歴書や職務経歴書も必要ありません。
しかし、面接当日にデビューする場合は本人確認が必要なので、顔写真付きの身分証明書が必要です。

面接マナーはしっかり

風俗の面接は、普通の面接と違って履歴書や職務経歴書は不要です。
しかし「採用してもらう為の振舞い」や「人としての最低限のマナー」はもちろん必要です。
入室する際の挨拶やお辞儀、丁寧な自己紹介など、普通の面接、いやそれ以上にしっかり臨むべきだと思います。
面接後に時間を割いてもらったお礼のメールなんか送れたらベストでしょう。
風俗でお客さんを満足させられるのは、容姿やテクニック以上に気遣いや気配りが大切です。
それは面接官をやるくらいのスタッフであれば重々承知です。
「この人ならしっかりとした接客をしてくれそう!」と思わせるのも面接で受かる為の秘訣です。

面接の際の質問

風俗のアルバイトは、まだまだ特殊な世界のイメージが強いです。
面接するだけで緊張してしまうとは思いますが、後で後悔しない為にも、疑問に思っていることや心配なことは全てぶつけましょう。
面接官は風俗のプロなので、逆に未経験の女性がどんな事を聞きたいか分かりません。
ですから、不安に思っていること、分からないことは、遠慮なく全て面接官に質問しましょう。
面接官も採用不採用を決める立場ですが、こちらだって働く働かないかは自由です。
こちらの質問に上手に答えられない様な面接官なら辞退しちゃって構わないんです。
それに普通の企業の面接と同じで、面接官への逆質問はやはり好感がもたれます。
面接での逆質問は「しっかりしている」「やる気がある」などの採用したいと思わせるテクニックでもあります。

こちらもお店をジャッジしよう

風俗店の面接は、キャストになりたい求職者の採用の可否を選考する場面ではありますが、一方で求職者がお店をジャッジする場面でもあります。
面接官の身なりや対応、お店の雰囲気など、自分に合うお店かどうか、あるいは働きたいお店かどうかを判断する機会でもあります。
風俗の求人は常に売り手市場なので、面接の段階でちょっとでも違うと感じたら辞退するのもひとつの選択です。
もちろん、体験入店までやってみるという選択もあります。
とにかく、風俗バイトをするお店を選ぶ際は、何度でも面接や体験入店を経て自分に合うお店を探せばいいのです。